GoogleAnalyticsを使用したAMPプラグイン

HTMLからAMPHTMLへのコンバーターAMPHTMLプラグインは、 GoogleAnalyticsトラッキングコードをGoogleAMPページに自動的に挿入します。複数のアカウントの追跡もサポートされています!


公演

<amp-analytics>タグを挿入します


extension

Accelerated Mobile Pages Generatorは、Google Analyticsトラッキングコードが自分のサイトにインストールされているかどうかを自動的に検出し、対応するGoogle AnalyticsトラッキングID 、つまりUA番号を読み取ります。

AMPHTMLジェネレーターは、たとえば「複数アカウントの追跡」で使用されるように、複数のUA番号の使用の可能性も認識します。 AMP-Online-Generatorは、すべてのGoogle Analytics UA番号を「amp-analytics」タグに自動的に変換するため、AMPページにある既存のGoogleAnalyticsトラッキングもアクティブになります。

このタイプのGoogleAnalytics統合では、AMPページのすべての分析追跡データが独自の(!)Google Analyticsアカウントに表示されるため、通常の場所で収集されたすべてのAMP追跡データを引き続き受信できます。

AMP Online Generatorは、次のすべてのGoogleAnalyticsバージョンをサポートしています。

  • Google Analytics 360° (analytics.js)
  • ユニバーサルアナリティクス(analytics.js)
  • Google Analytics (ga.js)
  • Urchin Analytics (urchin.js)

Google AnalyticsIP匿名化 'anonymizeip'


info

一部の国(ドイツなど)では、データ保護規制に準拠してGoogle Analyticsを使用できるようにするために、別の条件を満たす必要があります。IP匿名化の使用です。このため、Accelerated Mobile Pages Generatorは、Google Analytics関数「anonymizeip」を自動的にサポートし、ユーザーデータを保存する前に、IPv4アドレスの最後のオクテットまたはIPv6アドレスの最後の80ビットをゼロに設定します。つまり、完全なIPアドレスがGoogleAnalyticsサーバーのハードドライブに書き込まれることはありません。

Google Analytics IPの匿名化は、Accelerated Mobile Pages Generatorによって積極的に実装されていませんが、公式のAMPHTMLドキュメントの「amp-analytics」タグの標準設定です。

'amp-analytics'タグのデータは、通常、匿名で送信されます。

AMPサイトのGoogleAnalyticsデータ保護情報


info

Google Analyticsトラッキングの自動追加をデータ保護規制に準拠して使用するには、Webサイトのデータ保護宣言に明示的な注記が必要です。

amp-cloud.deを介してアクセスされる生成されたAMPページでは、各AMPページの最後に、GoogleAnalyticsの追跡に必要なデータ保護情報を含むamp-cloud.deのデータ保護ステートメントが参照されます。
ただし、amp-cloud AMPプラグインのいずれかを使用する場合は、Webサイトのデータ保護情報にGoogleAnalyticsトラッキングに関するメモを追加する必要があります。

amp-cloud.deは、違反に対する責任を負いません。自分のGoogle AnalyticsアカウントとAMPページが法的に安全な方法で設定されているかどうかを確認し、確認する必要があります。 (キーワード: §11BDSGに従った注文データ処理のためのGoogle Analytics契約)。


公演