AMPHTMLメタタグジェネレータ
HTMLタグを介してAMPをアクティブ化する

GoogleAMPを有効にする


done

メタタグが1つだけで 「amp-cloud.deのAMPHTMLジェネレーター」をWebサイトにインストールして、WebサイトのAMPバージョンを自動的に提供できます

AMPHTMLジェネレーターは無料の「HTMLからAMP-HTML」コンバーターであり、Webサイトの通常のHTMLコードを使用して、バックグラウンドでAMPバージョンを完全に自動的に作成します。したがって、 rel = "amphtml"メタを使用できます。 -AMPHTMLコードを自分でプログラムしなくても、WebサイトでGoogle AMPタグを付けアクティブ化できます。


rel = "amphtml"タグの例


code
<link rel="amphtml" href="https://www.amp-cloud.de/amp/amp.php?s=DeineArtikelURL" />

rel = "amphtml"タグを追加


description

生成された<linkrel = "amphtml" href = "...">タグは、AMPページが作成される各サブページのクラシックHTMLページの<head>領域に挿入する必要があります。

つまり、個々のサブページごとに個別のAMPHTMLメタタグを作成する必要があります。このタグには、それぞれのHTMLページのURLが含まれています。

または、次のAMPプラグインのいずれかを使用して、サブページごとに正しいGoogleAMPメタタグを自動的に作成して挿入することもできます。

rel = "amphtml"タグはどのように機能しますか?


help

Googleなどの検索エンジンは、個々のWebサイトのソーステキストを常に分析しています。検索エンジンボットが<linkrel = "amphtml">タグを見つけた場合、検索エンジンはそこにリストされているURLもチェックし、そこに提供されているAMPHTMLコードを独自のAMPキャッシュに保存します。

検索エンジンがこのAMPバージョンを保存するとすぐに、このバージョンが検索結果に考慮され、検索状況と環境に応じて、検索結果としてユーザーに表示されます。

検索エンジン自体のサーバーのAMPキャッシュに保存することで、AMPバージョンをはるかに高速にロードできます。したがって、Webサイトの読み込み時間が短縮され、モバイルデバイス向けにさらに最適化されます。


公演